momoko ver.03RD!!

20030301-01.jpg

アゾンに注文してあった3/1発売のmomokoが、
なんと発売日当日の今日、届きました。

相変わらずのアゾンのすばやい対応に感謝感謝です。
はやる思いで箱を開けると、シックなmomokoさんが
大人の雰囲気たっぷりに箱に納まっておりましたが、
やっぱり値段だけの風格がありますなあ。
付属のミュールも履いてしまうとよくわからないのですが、
ほんとうにリアルでよく出来てます。

尚、momokoといっしょに先日ゲットしたガチャポンの「野菜づくし」も並べてみました。
こちらもよく出来てます!


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ドール | ジャンル: 趣味・実用

タ  グ : ニニサンノヘヤ  

マイシーン・バービー

20030302-01.jpg


「パドマ」のちーだよさんに教えてもらったマイシーン・バービーが
はるばる海を越えて我が家にやって来ました!

写真で見て思っていた以上に顔が大きいのに大爆笑!!
もう少し小さい方がバランスがいいかも…。
でも、愛嬌があってとっても可愛いです。
着せかえも3着注文したのですが、これもよく出来ている!
とりあえず並べて写真を撮ってみました。
身体はバービーと同サイズ、足の形もいっしょです。
やっぱりブラッツを意識してるんでしょうね。
日本でも売れば絶対ヒットすると思うけれど、
バンダイさん、まだ動いてないんでしょうか?

とりあえず着せかえは、まだこの3点しか出ていないようです。
もっと出してくれないかなあ。

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ドール | ジャンル: 趣味・実用

タ  グ : ニニサンノヘヤ  

ファミリー劇場ウルトラQ

最初の放送の時に見たっきり、すっかり御無沙汰していた「ウルトラQ」。
今日、ひさしぶりに見たら、ちょうど「ガラダマ」の回でした。
昔、うちの妹にピグモンに似てると言われて、それがトラウマになった憶えが…。 (^_^ゞ

こうやって見てみると、設定や場面展開が稚拙で笑っちゃうところもあるのですが、
それもまた時代というか今や御愛嬌というか…ピグモンもロボットなのにあの容姿…。
デザイナーの成田享さんの感覚って凄すぎる!!

ところで、予告で「カネゴン」の回をやっていたのですが、
カネゴンになってしまう少年のお母さん役をあの「渡る世間は鬼ばかり」の
たきさんがやっているのに気づきました!若いけど、たきさんだ~っ!!!

あとで気が付いたんだけど「ピグモン」じゃなくて「ガラモン」だった!

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 特撮ヒーロー | ジャンル: テレビ・ラジオ

タ  グ : テレビ  

純粋なマイケル

今週の私的話題と言えばガンダムのセイラさん&ハロの声優、
井上遥さんがガン(直接には肺水腫)で56歳の若さで亡くなったことと
マイケル・ジャクソンに関するもろもろのテレビ報道ですね。

井上さんに関しては古谷徹さんのHPで古谷さん御本人
(ガンダム・アムロ役)がいろいろとコメントされています。
この訃報にも驚いたのですが、もっとびっくりだったのはマイケルが
スピルバーグ監督ほかに呪いをかけたという報道。

ヤフーのニュースのあとテレビの「とくだね」でデーブ・スペクターが
コメントしてたのを見たんですが、この呪い2000年にかけられていたので、
今回マイケルにインタビューした記者はリストに入っていないそう。
呪術師は1週間以内に死ぬ呪いをかけたと断言していたそうだけど、
2年たった今誰も死んでないところを見ると効きめがなかったっていうことかなあ。(笑)

さらに一番の驚きはマイケルがスピちゃんを呪った理由。
「E.T.」が本当にいると思っていたマイケルがスピちゃんに
あれは作り話だったと聞かされてショックを受けたからなんだって…。

…って、これはデーブ・スペクターのジョークらしいんだけど、
ジョークに聞こえないところがなんとも。
しかし、どっちにしても、マイケルって純粋って言うか、
やっぱり、いっちゃってるんでしょうかね。(^^;)

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画関連ネタ | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  テレビ  

ニニさん ネイキッドで静岡へ

20030308-02.jpg

1/24に我が家にやって来たダイハツ、ネイキッド。
今日は静岡のエスパルスドリームプラザまで映画を見に行きました。


20030308-03.jpg

駐車場に停めて記念写真!


20030308-04.jpg

そして久々、ニニさんのロケも敢行!


20030308-05.jpg

なかなか気持ち良さそうに撮れました。


マクノスケ日記にもアップしてなかったけど、あとから載せたよシリーズ第7弾!
HDDに2003年03月08日の日付けで
残っていた着せかえの写真をこの日付けでアップしました。
この記事は 2015/09/09 に書きました。




web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ドール | ジャンル: 趣味・実用

タ  グ : ニニサンノヘヤ  日常  

リロアンドスティッチ

20030308-01.jpg

【マクノスケ】
清水に見に行って来ました。
おもいっきり泣くぞ~っと力(りき)を入れ過ぎたのか…
その割に泣けませんでした。
もちろんところどころにじんわり来るシーンはありましたが。
宇宙からやって来た逃亡犯、実験体626号とハワイで暮らす
みなしごのリロが出会い、 互いの心の隙間を埋めあって行く過程が
エルビス・プレスリーの曲にのせてキュートに描かれるのですが、
お話はリロとスティッチよりもリロとリロのお姉さんナニに
赴きがおかれていたようにも思います。
たしかに姉妹愛にも心打たれるのですが、
もう少しリロとスティッチの方に時間をさいて欲しかったかな。

設定といいストーリーといい「アイアンジャイアント」を
思い出さずにはいられない作品なんですが、 くらべるとあとひと息!
もっともディズニーは感動よりもスティッチと
リロの邪悪さを取ったのかもしれませんが…。 (笑)
とにかくスティッチの行儀悪さはディズニー史上最高で、かなり笑えました。
脇キャラの博士と諜報員のプリークリーもピクサーのキャラ(モンスターズインクなど)
入っていて このところのディズニーらしさがよく出ていたと思います。
音楽のアラン・シルベストリは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などの
ゼメキス監督作品で知られる作曲家。 ディズニー作品は初めてですが、
いつも通りの感動路線をきっちり守ってます。
「ホワット・ライズ・ビニース」のおどろおどろしい旋律が
時たま聞こえてきたのは御愛嬌かな。(笑)

【マクタロウ】
ディズニー長編史上、初めて「人間が主人公で現代を描いた」作品(かな?)。
それ故に、主人公リロは両親を亡くし、姉がリロを育てられるか
審査されているなん て設定を持ってきていて驚いた。
ディズニーにしたら意欲作といえるかも。
だけど、う~ん、おしい。面白いんだけど、何か物足りない。
思うに、前述の設定が全面に出過ぎて、本来描かなければいけない
スティッチを 描き切れていないのだと思うのですよ。
単に私の好みなのかもしれないけど、もっとリロとスティッチの友情を
メインに描い ていたら、涙、涙だったかもしれないのになあ。
でも、そうするとあまりにも「アイアン・ジャイアント」になってしまうので、
ディズニー側があえてはずしてきたのかな?
回りでは、しきりに鼻をすする音がしていた(花粉症のせいでは無いと思う)ので、
ほんとに私の好みの問題なのでしょう。
あ、個人的な好みと言えば、冒頭の宇宙ステーション(?)内部の色や、
宇宙人、 宇宙船が、フレンチ・コミック(と言うよりメビウスのイラスト)風で良かったなあ。
ツボを押さえたギャグや、アクション、泣かし所もあり、よく出来ているので、
観て損はないと言えますけどね。

“愛を知らない”エイリアンと“愛を失った”女の子。
ふたりが出会って、きっと明日はいいことがある…。
監督・クリス・サンダース/ディーン・デュボア  音楽・アラン・シルベストリ
出演・クリス・サンダース(リロ)/ティア・ケレル(ナニ)/ヴィング・レイムズ(バブルス) ジェイソン・スコット・リー(デイヴィッド)



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  アニメ  

ニニさん ネイキッドで富士山~箱根へ

20030309-01.jpg

ネイキッドを堪能するため、富士山方面にやって来ました。


20030309-02.jpg

富士山を背景に記念写真。



20030309-05.jpg

で、時間があったので…
箱根方面にも行ってみようと言うことになり芦ノ湖へやって来ました。
ここで、ようやくニニさんの登場です。
…が、まだまだロケに慣れてなくてこの始末。


20030309-03.jpg

芦ノ湖の海賊船をバックに記念写真。
このニニさんが座っているベンチは、ウチからわざわざ持っていったものです。(笑)


20030309-04.jpg

芦ノ湖を背に撮ってみましたが…
これまた不慣れでいまひとつピントが合わず…
画像ソフトで顔をシャープにしてなんとか見せられる状態にしてみました。

マクノスケ日記にもアップしてなかったけど、あとから載せたよシリーズ第8弾!
HDDに2003年03月09日の日付けで残っていた着せかえの写真を
この日付けでアップしました。
この記事は 2015/09/09 に書きました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ドール | ジャンル: 趣味・実用

タ  グ : ニニサンノヘヤ  

「テレビタロウ」3月号

20030311-02.jpg

このところ、季節の変り目のせいか、体調がよくありません…。
うちで横になっていることが多く、そのため日記の更新も怠りがち。
暖かくなって来ているというのに、なんでかなあ~?(笑)
やっぱり身体が季節の変化について行けないんでしょうか?

ところで、今日改めて、いつも買っている「テレビタロウ」を読み直していたら
「今月のCinema Choice」のコーナーに
上映時間のことについての記事が載っていました。
「上映時間の長い映画はそれだけで興行的な不安を抱かざるを
得ないが、作品ががおもしろければ長さなんて関係ない」として、
「レッズ(196分)」「マグノリア(189分)」「地獄の黙示録/特別編(206分)」
「アラビアのロレンス/完全版(227分)などを紹介。
最後の締めとして「ロード・オブ・ザ・リング」が製作側の意向で
3時間を超えないようにと2作とも寸止めの179分になっているとした上で、
しかし、3部作の最終章は、どんな長尺なってもいい…
ことになっているらしいと書かれてありました!!

つーことは、いきなり劇場公開版が4時間なんてこともありなんでしょうか??
なるほど~だから「二つの塔」が原作の途中で終わっちゃってるんですね。(←勝手な推測)

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ロード・オブ・ザ・リング | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画    ロード・オブ・ザ・リング  

DVD「サイン」

20030312-01.jpg

どーも調子がよくなくて一日横になっていました。
夕飯のあとホワイトデーにマクタロウに買ってもらった
(私は「リターナー」をあげたど!)「サイン」のDVDを見ました。

こうして見直してみると、まずまずおもしろいんですが、
むろん「シックスセンス」ほどではないし、DVDで見直して
再評価することが出来た「アンブレイカブル」の域にも行ってないような感じです。
全体的にはいい雰囲気なんですが、テーマである主人公の再生や
家族愛と「アレ」がうまいことマッチングしていないのが原因かなあと思ったり…。
「霊」や「スーパーマン」は、まだ身近だったような気もするんですが、
今回は「アレ」が、あまりにも突飛すぎたんじゃないでしょうかねえ。

マクタロウが、シャマラン監督って、ジャンルもの(SFやホラーなど)を
エンターテイメントとして見せる新しいジャンルを確立した人じゃないか…
って言ってるんですが、それからすると「サイン」は、
ジャンルものに近すぎたんじゃないかって思うんです。

ところで見ている途中、あの「シックスセンス」で
ゲロ吐き霊のキラのお父さんを演じている役者さんが
ニュースキャスターで出ているのを発見!
もしかしてシャマラン監督の常連さんかも?


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  

「Shall we ダンス?」のリメーク版?

20030314-01.jpg

今日の静岡新聞の夕刊に、あの「Shall we ダンス?」の
リメーク版がハリウッドで製作されるという記事が掲載されました。

公開後すぐにトム・ハンクス主演の話があって、いったいいつ製作されるんだ~
と首を長くして待っていた私&マクタロウですが、あれから6年!
長かった~と、記事を読み進んでいったら、主演(役所広司)がリチャード・ギアで
ヒロイン(草刈民代)がジェニファー・ロペスですとぉ!!!
リチャード・ギアは、まあ、なんとか許せてもジェニファー・ロペスって
あの役とあまりにも違い過ぎない???
だいじょうぶかなあ。

2015/09/09 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画関連ネタ | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  

007ダイアナザーデイ

20030316-001.jpg


【マクノスケ】
「お色気」も「アクション」も「武器」も通り一遍でいまひとつ。
「007」にテーマや人間模様などを求めるのも無理なのかもしれないけれど、
期待していたハル・ベリーのジンクスも「トゥモローネバーダイ」のミッシェル・ヨーと
たいして変わらず、(むしろ彼女の方がアクションシーンなどカッコ良かった!)
スピンオフ作品が出来るというのは、一重にアカデミー最優秀女優賞の
ハル・ベリー人気に負うところ多しと見ました。
「ゴールデン・アイ」の時も思ったのですが、
悪役にあれだけのものが作れるわりには、 目的がしょぼ過ぎない?(笑)
(詳しくは下のマクタロウの感想をお読み下さい。)

それでもマギー・スミス(ハリーポッターのマクゴナガル先生)の
息子のトビー・スティーヴンスはイイ味出していたと思います。
(よく見ると母によく似てる!)
彼が演じるグスタフ・グレーブスという人物には
意外なオチがあるのですが、 設定的にちょっと無理があるのが残念。
他にも、ボンドの自律神経自己操作シーン(!)の導入部の演出がわかりにくかったり、
突っ込みどころ満載なんですが、あのアメリカ人の
「東洋一色思い込み主義」はなんとかならないでしょうか…。
「北朝鮮」と場所を特定するなら、せめて「日本」と「朝鮮」の違いくらいは
勉強して欲しいもんです。

音楽のデヴィッド・アーノルドは、ローランド・エメリッヒ監督の作品
「スターゲイト」「インデペンデンス・デイ」「ゴジラ」 でコンビを組んで
名をあげた人なのですが、「パトリオット」でエメリッヒ監督に
「私の求めている音楽を描けない」と言われて ジョン・ウィリアムズに
交代させられてしまったという悲しい過去を持っております。
(まあ、サントラ界では、たまにあることですが…)
今回は「トゥモロー・ネバー・ダイ」「ワールド・イズ・ノット・イナフ」に続き
3回目の登板となりますが、 問題の北朝鮮をイメージさせるシーンの音楽が、
どことなく日本調になっているのは、上記理由から仕方ないのかな…
とも思ったりして…。

【マクタロウ】
「アクション」「お色気」「ユーモア」を盛り込んだ、007
(ゼロゼロセブンでは なくダブルオーセブンと呼ぶのが正式)シリーズは
娯楽映画の王道でもあり、 スパイ・アクション映画の、一つの基準に
さえなっているように思います。
本作も(お約束通り)オープニングのホバークラフトによるアクションから
ラストの お色気シーンまで盛りだくさんで、観ている人を飽きさせません。
しかし、観終わると「何も残っていない」のも事実でありました。
ここからはオヤジ のボヤキになります。

(この先、ネタバレになるかもしれません。読まれる方はご注意ください。)

私の主観かもしれませんが、近作(ピアース・ブロスナン主演のシリーズ)では、
「悪役」「目的」「手段」の全てがちぐはぐで、地に足が着いていないように感じます。
これは、元々「荒唐無稽スパイ・アクション映画」だった007シリーズに
(時代の 流れから、仕方ないこととはいえ)世界情勢を反映させた設定を織り込み、
(これまた仕方ないこととはい え、数多のアクション映画に対抗すべく)
SF的壮大な装置を登場させてきたことの弊害ではないかと思います。
その上、悪人の野望と言ったら「金儲け」だったりするので、更にかみ合ってこない のです。

本作では…
(悪役)「北朝鮮の将軍の息子」が、
(目的)「南北間にある地雷原を爆 破し、軍の進路を切り開く」ために
(手段)「衛星兵器」(太陽光を収束させて地上にビームを発射する)を使用 しますが、
やはり無理がありすぎるように思います
(そもそも、そんな兵器があるのなら直接攻撃すれ ばいいのですから)。
だからといって、今更初期の設定にもどって、スペクターなる秘密結社(おお、素敵 な響き)
を出してくる訳にもいかず、このあたりは東西冷戦終結後の
スパイ映画作りの難しさがあるように 思います。
画的な面では、ボンド・カーがBMWからアストンマーチンになったのは、
大変喜ば しいことであります。(やはり英国諜報部員ですからね)。

アイスランドの氷原でのアクションシーンは本作の見せ場でありますが、
その特別装備(敵のジャガーも含めて) が、子供の頃思い描いていた
「ここからはミサイルが出て、こっちからマシンガンが 出るんだぞ」的
「秘密兵器自動車」のようで、驚くよりも苦笑してしまいました。
また、特殊効果の多用や、派手な演出(スローモーション、早送りなど)が、
かえっ て他の作品(予告で掛かった「チャーリーズ・エンジェル」など)と
大差ない「画」に観えてし まい、逆効果だったのではないでしょうか。

全体的に「やりすぎ」が目立ち、SF映画に近くなってきた(いや、もうなってる)
本シリーズ、はたして次回はどうなってしまうのでしょうか?
私としては「悪の秘密結社」に「世界征服」を叫んでもらいたいところですが。

2003.SPRING究極のスリリングが上陸する。
監督・リー・タマホリ  音楽・デヴィッド・アーノルド
出演・ピアース・ブロスナン/ハル・ベリー/トビー・スティーヴンス/ ロザムンド・パイク



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  

リハビリ室内の配置…。

毎週月曜日に通っているリウマチの病院へ行って来ました。
天気が悪くてただでさえ体調が悪いと言うのに、年度末のせいか
道路が工事渋滞でいつもより15分も余計にかかってしまい
かなりのお疲れモードに突入…。

いつも通り、最初に外来のリハビリでマッサージをしてもらおうと
診察室に入ったら配置が一新されていてびっくり!
これまでは部屋にベッドがふたつ並べられていて、それを囲むように
待っている人のイスが置いてあったのですが、ベッドがそれぞれ
カーテンで仕切られていて中の様子が見えなくなっていました。

先生に聞いたところ「診察室で診察中に他の患者さんがいっしょに
話は聞かないでしょう?」とのこと。それだったらなんで前から
このスタイルにしてなかったのか…今頃気づくようなことなのかなあ??
よくわからないです…私には。

2015/09/09 にマクノスケ日記より転載。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 関節リウマチ | ジャンル: 心と身体

タ  グ : 関節リウマチ  

ロン・ハワード兄!!

20030319-01.jpg

月曜日にスーパーチャンネルで録画したスタートレック「エンタープライズ」を今日見ました。
今週は航行中のエンタープライズに4人のフェレンギが押し入り、
ありとあらゆるもの(女も!)かっさらおうとする…という話なのですが、
その親分格をスタートレック「ヴォイジャー」のニーリックスが好演!
どんなにメイクしてもあのアゴと口元は隠せないのね!(笑)
他にもスタートレック「デープ・スペース・ナイン」のウェイユンも出ていたのですが、
こちらはあとからいつも見ているスタトレサイトの掲示板で知りました。

それより驚きだったのは、3人目のフェレンギ役のクリント・ハワードという人!
たしか「人類月に立つ」や「アポロ13」で見たことある!
と思い調べてみたら、なんと!
あの「ビューティフル・マインド」の監督ロン・ハワード兄ではありませんかっ!
こりゃあ驚きました。(ヘヤースタイルに共通点が…)
しかも初代スタートレック「宇宙大作戦」の人気キャラ(!)
ベイロックを6~7歳の時に演じてると知り、さらに驚き!!!でした。

しかしスタトレのエイリアンを演じた俳優さんって、
メイクしてるから何の役でも再生が可能なのね!!
ファンとしては嬉しい限りです!

2015/09/09 にマクノスケ日記より転載。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 海外ドラマ(欧米) | ジャンル: テレビ・ラジオ

タ  グ : テレビ  

DVD&ビデオでーた4月号

20030320-01.jpg

アメリカがイラクに攻撃を開始してテレビは戦争一色となりました。
1日も早く終わりになって欲しいものです。

今日、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」カレンダー
(すごく素敵!ファンなら買うべし!)がついていると言って
マクタロウが買って来た「DVD&ビデオでーた」4月号に
「スターウォーズ・エピソード3」にあの第1作に登場した
帝国の総統モフ・ターキンの若かりし頃が描かれると載っていました。

ウワサでは「バフィー恋する十字架」のスパイク役
ジェームズ・マースターズが演じるとか…。(上の写真参考!)
なるほどねえ。確かに頬のあたりがピーター・カッシングに似てる!!
2009.09.14追記 
結局EP3には出演せずドラゴンボールでピッコロを演じました。


…となると、スターウォーズの悪役って、
このふたりにしてもドゥークー伯爵のクリストファー・リーにしても
「吸血鬼」つながりってことになるわけですね。 p(^▽^)q

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 雑誌(既刊~新創刊) | ジャンル: 本・雑誌

タ  グ : 映画  テレビ    スター・ウォーズ  

ニニさん 富士五湖

kisekae-20030323-01.jpg

少し暖かくなって来たということで富士五湖巡りに出掛けました。
御殿場を抜け1時間程で「山中湖」に到着。 富士五湖の中で、最大面積を誇り、
海抜982m、日本では中禅寺湖、榛名湖に次いで第3位の高い場所にある湖です。
「山中湖園地」に車を止め記念写真。あたりにはまだ雪も残っていました。
(写真の右下の白いのが雪です。)


kisekae-20030323-02.jpg

河口湖へ向う途中、忍野八海へ寄ってみました。
その昔は、富士五湖と関連のある湖だったとされる忍野湖
(宇津湖ともいわれた)だったそうですが、 富士山の大噴火や水蝕、
堀削で少しづつ水位が減少、現在では、富士山の伏流水の湧水口として残った
八つの湧水池 (湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池)が、
「忍野八海」と言われるようになったそうです。
写真は「濁池」の水車の前で撮影。とにかくその澄み切った涌き水は一見の価値あり!
曇っていて、富士山が見えなかったのが残念!


kisekae-20030323-03.jpg

忍野八海の中心に位置する「池本」というそば屋さんで
(山梨と言えば「ほうとう」だろう!…ということで)「ほうとう鍋」
¥1200を食べました!
写真ではわかりにくいかもしれませんが、 ひとりで食べるには、
かなりのボリューム!材料もかぼちゃ、ゆず、とり肉、にんじん、
いんげん、じゃがいも、 さといも、ごぼう、しいたけ、まいたけ、
しめじと具沢山、まろやかな味噌味で、 すごくおいしかったです!!
心配していた割りには、あっと言う間に全部たいらげてしまいました。
「漬け物の盛り合わせ」の中にあった沢庵の漬け物を油で炒めたもの…も、
とてもおいしくて お店の人におみやげで売ってないのか聞いてしまったほど…。
(残念ながら売ってないそうです。)
忍野にお越しの祭は、ぜひここの「ほうとう鍋」を食べてみて下さい。
お薦めです!!(お店の回し者ではないですよ~。)
注・現在、池本さんではほうとう鍋はあつかってません。


kisekae-20030323-04.jpg

実は今日の本当の目的は、河口湖にある「自動車博物館」
行くことだったのですが、 いざ着いてみると入口は雪で覆われ、
入ることもままならず、よく見ると門にかかった看板には
「開館は4月1日です」と書かれていてショックを受けてしまいました…。
泣く泣く引き返し、河口湖へ向いました。
河口湖は、富士山の北麓と御坂山の間にあるルアーフィッシングでも有名な湖です。
道の駅の「かつやま小海公園」で降りて湖の近くまで歩いたのですが、
山にはまだ雪が残っており、気温も6℃とまだ寒かったです。


kisekae-20030323-05.jpg

精進湖は、富士五湖中、もっとも小さい湖で湖の真ん中まで突き出した岩が特徴です。
ちょうど着いた頃、朝から雲に隠れていた富士山が顔を出したので、
すかさず写真を撮りました。 富士山が見えていたのは、
2時半から1時間余りの短い間で、本当にラッキーでした。


kisekae-20030323-06.jpg

【本栖湖・湖仙荘/ルーレット占い】
「富士五湖巡り」の最後を締めくくるのは「本栖湖」です。
富士五湖でもっとも水深が深く、その為に武田信玄の財宝が
沈めてあるとか巨大魚がいるとかといったウワサが絶えないそう…。
湖畔のおみやげやさん湖仙荘の2階の食堂で コーヒーを飲んだのですが、
テーブルの上に置かれたこの手の食堂ならではの、
なつかしのグッズに目が釘付けになってしまいました!
昔はピーナツの販売機兼星座占いになっていたと思うのですが、
今はピーナツの販売機の部分が「ルーレット占い」になってるんですね。
しかし、この占いの紙を入れ替えている業者さんって、
どういう商売の人なんでしょう???とっても気になります…。


kisekae-20030323-07.jpg

【若獅子神社/97式中戦車(チハ車)】
そして旅の最後に寄ったのは、帰りに偶然通りかかった「若獅子神社」です。
マクタロウが以前から目をつけていた場所のひとつだそうで、
ひとつでも目的が達成出来てよかった!よかった!
この神社は、昭和59年に「陸軍少年戦車兵学校」の跡地に
大東亜戦争で散った教官、生徒600有余の御霊を 御祭神として、
永久平和を願い創建されたそうです。
神社の片隅には、昭和50年に、有志の方々によりサイパン島から
帰還した97式中戦車(チハ車) が、平和の道標として祀られていました。
無数の弾痕と赤錆に覆われた姿からは、戦争の激しさ、むなしさが伝わって来ます。

kisekae-20030323-08s.jpg kisekae-20030323-09s.jpg

kisekae-20030323-10s.jpg kisekae-20030323-11s.jpg

kisekae-20030323-12s.jpg kisekae-20030323-13s.jpg

クリックで拡大します。
*撮影裏話*
マクタロウが河口湖にある「自動車博物館」に行ってみたいというので
出掛けたのですが、 残念ながらまだ冬期休館中でした。
ホームページには3月21日からと書いてあったそうですが、
辺りには、まだ雪が積もっておりオープンが遅れたのではないかと思われます。
結局時間が出来てしまったので、4つの湖と忍野八海と若獅子神社を回って来ましたが、
それぞれに趣きがあって楽しくニニさんの写真を撮ることが出来ました!
(私的にはこれがほんとの 目的?)
ここのところ湖づいているので今度は違った景色のところに行ってみたいです
…って贅沢かな。 (^_^;)

この記事は 2015/09/10 にマクノスケ旅日記から転載しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ドール | ジャンル: 趣味・実用

タ  グ : ニニサンノヘヤ  旅行  

第23回ゴールデンラズベリー賞

20030323-02.jpg


今年もやって来ました!今年の最低映画を決めるラジー賞。

今年は作品、主演女優(マドンナ)、リメーク賞、スクリーンカップル賞、
監督賞(ガイ・リッチー)の5冠を「Swept Away」が受賞。主演女優賞は、
「ノット・ア・ガール」のブリトニー・スピアーズも同時受賞。

マドンナはこの他に「007/ダイアナザーデイ」のカメオ出演
(その割に長く写っている!)で助演女優賞にも選ばれてしまう
という偉業を成し遂げました!!(笑)
主演男優賞が「ピノッキオ」のロベルト・ベニーニというのも洒落てますねえ!!

しかし一番注目なのが「スターウォーズ/クローンの攻撃」関係…。
ルーカスが脚本賞を獲得したのは、妙にうなずけるんだけど、
ヘイデン・クリステンセンが助演男優賞?????
…ってエピソード2の主役ってアナキンちゃうんか~???

2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画関連ネタ | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  

第75回アカデミー賞授賞式

20030324-01.jpg

今日は第75回アカデミー賞授賞式でしたね。

「シカゴ」が作品、助演、美術、衣装、編集、音響と6冠!
監督賞は「戦場のピアニスト」のロマンポランスキー監督。
主演男優はこれまた「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ。
主演女優賞は「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン。
助演女優賞は「シカゴ」のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。
助演男優賞は「アダプテーション」のクリス・クーパー。
音楽は「フリーダ」のエリオット・ゴールデンタール。

そして長編アニメ賞が「千と千尋の神隠し」でした!!
アカデミー会員にも良心があるんですね~。

テレビ情報誌「テレビタロウ」ムービー・アワード2003
マクタロウが買って来た「テレビタロウ4月号」に読者が選んだ
2002年度ベストムービーが発表されていました。

男優はトム・クルーズ。女優はキャメロン・ディアス。
作品は「ハリー・ポッターと秘密の部屋」がそれぞれ1位を獲得。
ちなみに「ロード・オブ・ザ・リング」は2位でした。

…とここまで来て監督部門のベスト10を見てみると…
1位がスピルバーグ。2位がルーカス。3位が宮崎さん。4位がスコセッシ。
5位がキャメロン。6位がクリス・コロンバス。7位がリュック・ベッソン。
8位がジョン・ウー。9位が北野武とティム・バートン…

…って、2002年に映画を撮ってない人が何人か入ってない??
監督だけは「2002年度」じゃないわけね。 (^_^;)

2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: アカデミー賞 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  

中村彰男さんって誰?

20030325-01.jpg

「千と千尋の神隠し」アカデミー長編アニメ賞受賞!

昨日の受賞を受けて、今日の各局のワイドショーは、その快挙を伝えておりましたが、
中でも最も力が入っていたのが、「日テレ(日本テレビ)」!
さすがジブリ協賛局だけありますね。

プロデュサーの鈴木さんのインタビューや宮崎さんのコメント
(現状を嘆いた…「素直に喜べない」というコメントは、いかにも宮崎さんらしいです)は、
他の局でも紹介されたのですが、日テレ(「ザ・ワイド」)のすごいところは
千尋の声優・柊瑠美ちゃんとお母さんをツーショットで登場させたこと。
受賞の喜びを嬉しそうに語っておりました。
(アメリカでの公開は英語吹き替えになっていて、向こうでは千尋の声を
「リロ&スティッチ」のリロ役のダウェイ・チェイスちゃんが吹き替えています。)

また、日本のキャストで唯一そのまま使われたキャラクターがいるということで
中村彰男さんという文学座の役者さんを紹介。
なんとこの方、あの「カオナシ」の声を出していた方でそうで、
受賞に関しては「自分は「あ…」って言ってただけですから…。」
と謙虚なコメントをしておりました。

最後に宮崎さんの次回作「ハウルの動く城」の立体造型を公開。
魔法によって90才おばあさんにされてしまった少女と魔法使いの恋が
戦争前夜を舞台に描かれるとのこと…。来年の夏が楽しみです!


2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: アニメ | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  アニメ  

NHK総合「クローズアップ現代 宮崎アニメ受賞の秘密」

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート

アカデミー長編アニメ賞受賞を受けてのNHKの対応の早さに脱帽…
と思っていたら、半分以上は以前放送された「千と千尋」の製作現場の
様子を追ったドキュメント番組の使い回しでした…。

番組の後半に登場した業界に詳しいと言う大学の先生のお話なんですが、
持ち上げ過ぎという印象を受けました。宮崎さんの作品は今でも手作りで
昔のテレビ作品と違って枚数も多い…というのですが、
今のディズニーだってCGのシーンもあるけれど、多くの作画の部分は手作業だし、
作画枚数もテレビより多いだろうけど、昔のディズニーのようにフルアニメ
(フイルムの1秒間に進むスピード、24コマを1コマづつ動かして描くと自然な動きに見える)
では決してないので、そこのところはくらべてもしかたないように思うのです。

やっぱり宮崎さんのすごいところは、お話も絵も自分で描けるところにあると思うんですよね。
アニメ制作者でこんなに才能と良識を持ち合わせている人って
なかなかいないんじゃないでしょうか。
そんな宮崎さんの後継者が気になって仕方がない今日この頃…。
でも私たちアニメ世代で育った柔な人間の中からこんな骨太なお話を作れる人って、
いったいどれだけいるんだろうって考えてしまいます。

ところで番組中、宮崎さんのことをずっと「宮崎さん」と呼んでいたのですが、
なぜ「宮崎監督」ではないのでしょうか?
私たちが巷で呼ぶのと違うんですからちゃんと「宮崎監督」と呼んで欲しかったです。
これが実写映画の人だったら、絶対「~監督」と言っているはず…。


2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: アニメ | ジャンル: 映画

タ  グ : アニメ  映画  

DVDレコーダー「パナソニックDMR-E70V」

20030327-01.jpg

スタージンガーとスタートレックの再放送が重なり、増えに増えた
ビデオテープに部屋を占領されてしまった我が家に、今日、
とうとうDVDレコーダーがやって来ました!

買ったのはパナソニックの「DMR-E70V」というVHSビデオ一体型DVDレコーダー。
雑誌やネットでいろいろ調べてHDD(ハード)つきのものとどちらにしようか迷ったんですが、
結局置き場所のこともあってこの一体型を選びました。
これだっらたまったビデオもボタンひとつでダビングできるし、
最初から撮りたい番組が決まっていればDVD-Rに直接ダビングしちゃえばいいわけだし、
録画したい番組が重なったらビデオとDVDで両方撮れるし、
工夫しだいでなんとでもなるかと思ったのです。

まあ、問題はダビングするテープの量が半端じゃないってこと…。
ダビングし過ぎて壊れなきゃいいけどなあ。


2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。その際に画像を追加しました。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 電化製品 | ジャンル: ライフ

タ  グ : テレビ  日常  

DVDレコーダーの録画モード

今日は、昨日購入したDVDレコーダーを使って
VHSからDVD-Rへダビングしました。

DVDレコーダーのRAM方式の場合、録画モードは4種類あって
XP(1時間)SP(2時間)LP(4時間)EP(6時間)の録画が出来るのですが
(カートリッジ式の両面ディスクの場合、それぞれ倍の録画ができるので
最長12時間の録画が可能)、雑誌などを見るとEPモードは
画像が汚くてお薦め出来ない…と書いてあったので、試したところ
VHSの3倍速くらいの画像でした。

ただ動きが激しくなると、なんとなく動きがかくかくするような…。
これからスタートレックの各シリーズを録画して行こうと思っているのですが、
いろいろ悩んだ末、結局多少のかくかくは我慢してEPモードで録画することにしました。
長いシリーズだと170話以上にもなるしなあ。
ディスク代と置き場所を考えて苦渋の決断です。

録画した作品ひとつひとつに漢字でタイトルも入れられるし、頭だしや削除も簡単!
ダビングもボタン一発で双方向で行え、それぞれにチューナーがあるので
録画したい番組が重なった場合、ふたつの番組を同時録画出来ます。
また録画の最後にファイナライズを行えば、普通のDVDプレーヤーで
見ることも出来るので、今のところ「すごく便利!」という感触です。

…って、松下からはなにももらってないよ~!!(笑)


2015/09/14 にマクノスケ日記より転載。


web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 電化製品 | ジャンル: ライフ

タ  グ : テレビ  日常  

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

20030329-001.jpg

【マクノスケ】
予告やポスターから60年代ポップ調のライトコメディかと思いきや、
それもオープニングまでで、中味はしっかりいつものスピちゃん節が炸裂しておりました。
テレビの紹介などでクリストファー・ウォーケンとデカプーの
親子の情を通わせるシーンが良いとは聞いてましたが、
実はこの映画全編が親子愛のお話だったんですね。
破産が原因で別れてしまった両親をお金で元に戻せると思っているデカプーが、
16歳から19歳まで詐欺師になってお金を稼ぎまくるんですが、
その間も彼には両親の幸せだった頃しか見えていない。
しかし物語の最後の方で、彼はやっと現実に直面するんです。
詐欺師だった頃の彼は、まだ子供でしかも夢=理想の世界にいたんですね。

音楽はもちろんジョン先生! 今回はオープニングが60年代ポップ調の
アニメということもありジャズで勝負をかけていましたが、
映画の中で流れていた曲は、私の好きな「おとなし系サウンド」でした。
もちろん「スターウォーズ」などの「飛ばし系サウンド」も好きなんですが、
好きでいろいろ聞いていると「アイリスへの手紙」や「偶然の旅行者」などの
「おとなし系」も癖になってくるんです。 「ハリポタ2」と「マイノリティ・リポート」の
サントラを買っていない不届きもののファンですが、
映画を見て「これは欲しい!」と久々に燃えるくらい音楽はイケてました!

【マクタロウ】
ストーリーにしっかりと触れています。ご注意を。
デカプリオ扮する主人公の青年は、父親の事業失敗による両親の離婚をきっかけに家出。
生きていくために詐欺をはたらくようになるんだけど、
パイロット、医者、弁護士 と、転々と 「別の自分(偽りの自分)」を
演じていく姿は、さながらコスプレを楽しんでいるようなんだよね。
詐欺(目的)のためのコスプレ(手段)が、いつしか
彼の楽しみ(目的)になっちゃってる。つまり、現実逃避に浸っているんだろうなあ。

しかし、そんな彼にも「現実」が迫って来るわけですよ。FBIの捜査がね。
彼が自分を追っているFBI捜査官(トム・ハンクス)に電話をかけるシーン。
「ライバルこそが自分のことを一番理解している」という、
よくあるパターンではあるものの、 嘘で塗り固めた生活の中で唯一、
真実を話せる相手が自分を追う捜査官だってところ は、
彼にとってはそこだけが「現実」だったからなんだよね。
それが証拠に、愛する父に対してさえ真実を話すこともなく、
現実的ではない理想、 「父と母が再び一緒に暮らすこと」を求めているし。
逮捕後、父の死を知り、母の再婚を受け容れ、服役途中でFBIの為に
働くように なって、 やっと彼は現実を生き始めたんだろうなあ。
自身も両親の離婚を経験しているスピルバーグは、
すんなりと主人公に感情移入でき たのかな。 近作ではなかった、
登場人物に対しての「愛」が感じられるもの。
大作、話題作が続いたスピルバーグ作品としては、ちょっと地味な新作だけど、
「A・I」「マイノリティー・リポート」と来た中では、一番の出来でしょう。
さて、ここからは蛇足です。私的に苦笑してしまったシーンが二つ。

一つは、捜査官(ハンクス)が犯人(デカプリオ)の偽名は
コミックス「フラッ シュ」の主人公から 取ったものだと知るシーン。
即座に「犯人は子供(未成年者)だ」と閃くんだけど、現代では
「コミックス=子供 の読み物」という 図式が成り立ちにくくなってるから、
これで犯人に行き着くのは難しいだろうなあ。

もう一つは、パンナムの小切手を偽造するシーン。
かば◎さんのサイト「河馬之巣」掲示板で話題になってい たけど、
原作(未読)ではパンナムのマークをプラモデルのデカール(*)から流用するらし い。
しかし映画では完成品をバスタブに(大量に)浮かべて、
そこからマークをはがして いるでないの。
「全部完成させたのかよ、デカプー」と世界中のモデラーからツッコミが入ることで しょう。

(*)飛行機のマークなどをノリと共に印刷したシート。
水に漬けると、マークの部分がノリと一緒に紙から剥がれてくるので、
これを模型に貼ります。映画では、画的なインパクトとわかりやすさから、
上記のような 描写になったんでしょうね。


本物の偽者を描いた真実のドラマ。
監督・スティーブン・スピルバーグ 音楽・ジョン・ウィリアムズ
出演・レオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス/クリストファー・ウォーケン/マーティン・シーン/
ナタリー・パイ



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  

スパイダー・少年は蜘蛛にキスをする

20030329-002.jpg

【マクノスケ】
ねたバレあり!注意!!
クローネンバーグ監督の作品は、一種独特の雰囲気があって
それがクセになると言えばなるのですが、今回はあまり奇をてらうことなく
直球勝負で挑んでいたように思います。
精神的に病んでいる主人公が少年時代を回想するという形式になっている本作。
それゆえに、主人公の行動自体が非常に怪しく、回想すらも真実を伝えていません。
しかしそれは妄想の世界に住む彼の中では真実なのであって、
現実が真実でなくてもいいのです。

ここまで来て「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のことを思い出してしまいました。
デカプー演じる主人公もまた「家族の愛」故に自分の理想の世界にいた人物。
彼はトム・ハンクス演じる刑事さんがいたから現実の世界へ帰って来れたのですが、
スパイダーの主人公は、あまりにも母への愛と自分の世界への執着が強すぎて
戻って来れなくなってしまったんですね…。
母に「女」を感じた時、壊れてしまった少年。
少年にとって「母」とは神聖なもの。自分だけの存在だったのかもしれません。
少年と母親の関係以上に男と女の性について考えさせられた映画でした。

【マクタロウ】
毎度のことながら、ネタバレしてますのでご注意下さい。

デヴィット・クローネンバーグ監督は(全ての作品を観たわけではありませんが)
趣 味を爆裂させ つつも、しっかりとエンターテインメント性を
持った作品を作っていると思います が、今回の作品は、それがあまり感じられません。
それどころか、「精神に障害がある主人公の回想」という
形をとって語られているた め、 やや難解にさえ見えます。
事実、私は鑑賞直後、(イメージしていた作品と違っていたこともあり)
あまりピン ときて いませんでした。

しかしその後、かみさんとの会話の中で
「母親に性的なものを感じる?」と言われた ことから、 全てがわかった次第。
一言で言ってしまうと「少年による(精神的、物理的両面での)母親殺し」
の物語 だったのです。(あくまで、私の解釈)。
最近は、映画を観る前の情報をできるだけカットしているのですよ。
だからこの「ス パイダー」も、 「クローネンバーグ監督の作品でサイコものらしい」
程度のことしか知らなくって、 私の勝手なイメージでは
「クローネンバーグの内臓趣味的サイコ・サスペンス」を期待していた 部分もあったんですね。
確かに「サスペンス」と言えるかも知れませんけどね。殺人事件があり、
最後には意 外なオチが待っている のですから。

私の母は殺された。
監督・デイヴィッド・クローネンバーグ 音楽・ハワード・ショア
出演・レイフ・ファインズ/ミランダ・リチャードソン/ガブリエル・バーン



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画