Mr.インクレディブル

20041204-001.jpg

【マクノスケ】
初日の字幕版だったからなのか、お客さんは20人足らず…宣伝に力を入れているディズニーの苦労もここでは実らなかったようです。
(もしかして吹き替えは混んでいたかも…)

まあ、確かに「ニモ」にくらばればお父さんの悲哀を描いたこの映画…大人向けなんですよねえ。でも、そこがちょこっとかったるかったかなあ。もちろん、そういう部分があるから後半のお父さんの頑張りのシーンが生きてくるのは重々承知なんですが、ちょっと長かったような気もするんです。 後半の家族が団結していくシーンはなかなかグーだった(お母さん!すごいよ!!)とは思いますが、今ひとつこの映画ならではの「新しさ」がなかったようにも思うし、全体的にはまあまあ愉しんで帰って来たってところですね。
他には全編「007」タッチなのには思わずニヤリとしました。音楽まで思いっきりジョン・バリー(初期の「007」の音楽を担当)だったのがオマージュ捧げすぎなんじゃあ?(いや、いいんですが…)

しかし悪役が未開の地にすっごい基地を作って、ミサイルどっか~~~んって…たしか先週も「スカイキャプテン」で見たような…(笑)。しかも両作品とも元ネタ(007)よりもおもしろく出来ちゃってるのがヤバかったりして。
(いやどっちかって言うと「がんばれよ!007!」って応援したくなる感じです。)
それよりもこれだけ自然描写がリアルだとホントに実写とアニメの区別がつかないなあと痛感しました! あっぱれ!ピクサー!技術はすごい!ピカイチです!!


【マクタロウ】
かつてのヒーロー達が活躍の場を奪われ、今ではひっそりと「普通の人」として生活をしている。サラリーマンとして上司にガミガミ言われている主人公。悲哀があり、なんとも良い感じ。そんな主人公が自分らしさを取り戻していくってのが大筋。
キャラクターデザインなどは親しみの持てる画だし(ヒーローファッション・デザイナーが最高)、ギャグもそれなりに笑える。
派手なアクション、孤島の秘密基地、音楽は007風。面白かったです。面白かったんだけど、何か物足りなさを感じて帰ってきました。

何が足りなかったのか、自分でも未だに分からないんですが「とびきり面白い1本」にはなっていないんですよね。 う~ん、お父さんがもっと活躍した方が良かったとは思うんですが・・・。

映像に関してはピクサーの技術力を見せつけられました。まるで太陽光で撮られた人形アニメのように見えるシーンもあった。
またもや「実写」と「アニメ」の境界線を考えさせられた1本でありました。

■どんな家族にも秘密があります。
[監][声]ブラッド・バード「アイアン・ジャイアント」
[総]ジョン・ラセター
[声]クレイグ・T・ネルソン ホリー・ハンター サラ・バウエル スペンサー・フォックス サミュエル・L・ジャクソン
[制作データ] 2004米/ブエナ・ビスタ [上映時間] 115分

web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  アニメ  

ターミナル

20041219-001.jpg

【マクノスケ】
午後からの回だったんですが、なんと満席!!スピルバーグ人気とも思いましたが、これはやはり今年流行った映画の傾向から、感動に飢えている人が多いのを反映してるのではないかと分析。(笑)

で、内容はと言うとこれがそう言う意味では期待を裏切らない涙と笑いをミックスした佳作という感じで、それなりに泣いちゃったりしたんですが、ど~も、この私。
スピルバーグに関しては「シンドラーのリスト」辺りから素直に見られなくなっちゃってまして、なんつーんですか。映画のエピソードの積み重ねとその演出のあざとさに目が行っちゃうんです。でもだからと言って、それが嫌なんじゃなくて、そのあざとさを味わうのが好きなんですよね。今回も映画の後半に行けば行く程に、それまでのエピソードが複線となり、感動へと導いて行かれて、あのエピソードはこの感動のためにあったのかとスピルバーグのプロのテクニックに脱帽という感じでした。 またキャサリン・ゼダ・ジョーンズとのラブロマンスのシーンは、ひょっとして「めぐり逢えたら」なんかよりイケていたかもしれません。彼女がとっても可愛くみえました。

面向きには、空港から出ることが出来ない男が、空港で働く移民もしくは不法侵入の人々と心を通わせていく様子を丁寧に描いていくんですが、隠しテーマは「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続きまたまた「父と子」!思春期に両親が離婚し、母親に引き取られた監督には、父親に対する大きなあこがれがあり、それが形を変えて登場するのではないか(というかそういう話に共感し本を選んでしまうのでは?)と思ってみたり…。

そうそう。些細なネタでもお金を惜しまないスタトレファンの方は、この映画、必見です!! ねた振りは2回。しかも2回目はかなりマニアック!!満席の中、爆笑したのは私とマクタロウのふたりだけ。いや~スピちゃんの演出。ここでも冴えまくりです!!


【マクタロウ】
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続いて、力を抜いたスピルバーグ作品。
自国のクーデター騒ぎにより、アメリカに入国できず空港内での生活を強いられる主人公ナボルスキー(トム・ハンクス)が、持ち前の誠実さにより空港内で働く人々のヒーローとなっていく。まあ予告を観て思っていた通りの展開です。
その、空港内で働いている人達というのがマイノリティーという所はアメリカの縮図を表しているのだろう。
ナボルスキーは外国人だったからこそ彼らのヒーローになれたのである。

彼(彼ら)と対立するのが空港警備主任ディクソンだが、昇進を控えていて、よけいなゴタゴタを避けたいという「理屈」はわかるが、あそこまでナボルスキーに冷たく当たる理由というには弱かったように思う。
それ故なのか単に演出が悪いのか、終盤、ディクソンの部下の反逆もあまり盛り上がらなかった。本当なら「やったぜ、ザマーミロ」というシーンなのだが・・・(この後、初めて空港から外に出たナボルスキーがニューヨークを目にするのだが、ビルから出てきた彼の姿を引いていくと、ガラス張りの空港ビルに摩天楼が映り込んでいる。正面からビル群をバーン見せないこの演出は、スピルバーグ的な旨さを感じた)。

同じくキャラクターとストーリーという面では、不倫真っ最中のアメリア(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)とのロマンスは楽しく見せてくれるが、最後に彼女が自分を犠牲(吹っ切った不倫相手とよりを戻すこと)にして、ナボルスキーに1日だけの滞在をゆるす書類を調達するあたりは、ご都合主義的だし、同じご都合主義ならもう少し観客に夢を見せてあげてもいいのでは・・・と感じた。
全体的にスピルバーグならではの「暖かいお話」とトム・ハンクスならではの演技を期待していた人達には、バッチリはまった作品なのではないでしょうか。(ちょっと長いが・・・)

追記
スタートレックネタで笑わせてもらったが、劇場に響く私とかみさん(だけ!!)の笑い声が寂しかった。

■彼は空港(そこ)で待ち続けた。約束を果たすために…
[監][製]スティーブン・スピルバーグ
[案][総]アンドリュー・ニコル
[案][脚]サーシャ・ガバシ
[出]トム・ハンクス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ スタンリー・トゥッチ
[制作データ] 2004米/UIP [上映時間] 129分



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  

ニニさんクリスマス2004

nini-20041224-01.jpg

nini-20041224-02.jpg

ニニさんファンの皆様、お待たせしました!!
2004年「クリスマス」バージョンです。

今年は「アゾン」の「サンタガール(白)」を着せてみました。
ジェニー仕様なので、サイズがちょ~~~~と小さめなのが玉にきずですが、
例年にくらべクールな感じにまとまったと思います。
いっしょに写っているツリーは小田原の「ONE’S」で購入。
背景には絵はがきを貼って雰囲気を出してみました。



web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 1/6ドール | ジャンル: サブカル

タ  グ : ニニサンノヘヤ  

2004私的台詞大賞!

今日は実家からお掃除隊(両親)が来て、掃除洗濯を手伝ってくれて大助かりでした!
これでだいぶかたずきました。あとは寝て暮らしてもOK…なわけないか。(^^;)
で、今年もあと3日。そこで今年、私的に流行った「セリフ」のベスト3を選んでみました!

まず第3位!「助けてください!」
映画「世界の中心で愛を叫ぶ」から朔太郎のセリフ

2004122801.jpg


映画を観たわけで はないのですが、とにかく予告だけはよく見ました!
倒れた亜紀を抱きかかえてサクが叫ぶセリフ「助けてください!」はかなりのインパクト!
ジョーダンでマクタロウ(サクタロウではないよ)に何か手伝って欲しいときに
おもいっきり朔太郎調で「助けてください!」とか言って手伝ってもらった事も何度か…。(笑)


続いて怒濤の2位!「声を聞かせてくれよぉ」!
「愛子さまの育児ビデオ」の皇太子さまの声

2004122802.jpg


「愛子さまが絵本を読んでいる姿」が愛らしいビデオ映像に時折入る撮影者のヒロくん(同い年だということだけでやけに気安い私!)の声!皇室だけに、子供に話しかける時は「丁寧語」を使っているのかと思いきや「くれよぉ」ですもん!ヒロくんの普通らしさをおもいっきり実感しました。この台詞。「助けてください!」」同様何かして欲しいときに真似させて頂いていました。「そこのハサミを取ってくれよぉ」とか…ね。(笑)


断トツの第1位!!
「人生は何を、選択するかで決まるんだ。」

映画「ヘルボーイ」よりマイヤーズ捜査官&ブルッテンホルム教授のモノローグのセリフ

2004122803.jpg


まあ、セリフというより映画自体にハマちゃったわけですが…。(^^;)でもこのセリフには「ぐっと」来ました!冥界から召還されたヘルボーイを人間として愛情を込めて育てたブルッテンハイム教授とその教授にスカウトされ後を託されたマイヤーズがヘルボーイに思いを馳せて言ったセリフ。生まれは悪魔だけどそれは自分の選択次第。世界を破滅させる右手を持ちながら、人間として生きていくことを選択したヘルボーイ。あたしも固定観念に縛られることなく柔軟に生きていきたいな~と思った次第。今年のベスト1はこれで決まりです!
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: ブログ日記 | ジャンル: ブログ

貯血とみや乃定食!

1月17日の右股関節の手術の備え、休みになったマクタロウと病院へ貯血に行って来ました。
ウィルス感染などを防ぐために手術前に自分の血液を採血して輸血が必要になった際に対応するのだそうです。使わない場合は、手術後、元に戻すのだそう。で、貯血に適しているのか検査結果を待つこと2時間。お昼過ぎになってようやく貯血が始まり、終わったのが1時。

もうすっかりお腹が空いちゃったよ~ということで、西伊豆の恋人岬の手前にある「ドライブインみや乃」(何回か書いていますが、見た感じは古ぼけた食堂だけど美味しいんですよ!)で「みや乃定食」を食べてきました!!本当は宇久須(うぐす)のかに料理「栄」でかにを食べるつもりで行ったんですが、何とお休み…。え~~~ん。
でも「みや乃」の天ぷらとお刺身が美味しかったらいいかな。(*^▽^*)
修善寺から西伊豆に抜ける途中は、雪が降り、山は雪景色。思わぬ情景に見とれるマクノスケ&マクタロウでした。 web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 関節リウマチ | ジャンル: 心と身体

ヘルボーイ8インチフィギュア1.5

昨日の貯血の際に貧血気味で200ccしか採血出来なかったんですが、それでも夕飯の時にふらふらして食べられなかったりしたので、思いの外、か弱かったんだな~と思ってみたり。今朝はだいぶ良くなって、年末の買い物と前に日記(ブログ9にも書いたインターネットが出来ると言う携帯電話の契約に出掛けました。

帰宅後、さっそくプロバイダーの設定をしてから「のほほん本舗」を見てみたのですが、やっぱりアップされるまで時間がかかりますね。ブログなんて画像が多いせいか、かなりの時間を要します。まあ病院で暇を潰す分には、このダイアルアップ時代の感じがちょうどいいのかもしれません。でも携帯の画面に自分のサイトが表示された時は嬉しかった~~~!!世の中本当に便利になったもんです。


ところで夕飯の時に、注文してあったメズコのヘルボーイ8インチフィギュア1.5「ANUNG UN RAMA」が届きました!!先日、バージョン1のヘルボーイとラスプーチンを買った勢いで1.5バージョンの角ありが欲しくなってしまってネットで注文してあったんですが、年内に届いて良かった~~!!こりゃまた良く出来てます。

画面をクリックすると大きな画像を見ることが出来るのでよかったら見てみて下さい。
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画 | ジャンル: 映画

大晦日に「ゴースト・オブ・マース」!

いよいよ大晦日。
以前からの計画で大晦日は年忘れDVD鑑賞会と称して「王の帰還」を見る予定だったのですが、体力的に4時間はキツいということで、実家におせちを頂きに行った際に、CDショップに寄りDVDを物色。いろいろ迷った末に「ゴースト・オブ・マース」を買って、夕飯に年越しそばを食べた後、マクタロウと見ました。

いや~大晦日にこんなドッカ~ン、バッカ~ンな映画を観ることが出来てハッピーだったかな~と!(^▽^)v「エスケープ・フロム・LA」と「物体X」と「ヴァンパイア・最後の聖戦」をごちゃ混ぜにした火星が舞台の西部劇みたいなノリで楽しめました!
ミニチュアを使った列車とか気球なんか、もう80年代のテイストムンムンで思いっきりツボなんですよねえ。あとグーで殴るパンチの爽快感とか、最後の持って行き方とかかっちょいいとしか言いようがありません。手や首がガンガン飛んじゃうのも残酷というよりはカーペンター先生のスタイル健在という感じで嬉しかったりしました。いや~しかし音楽もガンガンのロックで飛ばしてくれて若いです。カーペンター先生。恐れ入りました。

さて、今年も残すところあと45分。今年1年ここに遊びに来て下さってどうも有り難う御座いました。
また来年も楽しくやって行きますので、またお付き合い下さい。来年もよろしくお願いします。
みなさん、良いお年をお迎え下さい。
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画