正義のゆくえ

20100109-01.jpg

都市部では昨年9月に公開された「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」。
キャストとあらすじはこちら
「スター・ウォーズ」ファンとしてハリソン・フォード作品はチェックしたいところ!
やっと静岡市の単館系シアターで公開になったのでマクタロウと見てきました。
今回からマクタロウとの対談形式でお送りしたいと思います。
ねたばれしているので未見の方はご注意を!!

マクノスケ
「ハリソン・フォード、久々、渋い演技で役で良かったね」

マクタロウ
「こういう役をもっと広げた方が良いと思うんだよね」

マクノスケ
「でもハリソン・フォードの役は主役と言うよは、何人かのうちのひとり
それもいくつかのエピソードの中では、目立たない控えめな感じだったね」

マクタロウ
「作品自体がアンサンブルドラマだからそれで良かったんじゃない?
ハリソン・フォードが格の上で最初にクレジットされるってだけで、あくまでも
群像劇だった。あとアンサンブル形式としては、最後に集束に向かうパターンが
あるけど、今回はいろんな国からアメリカに来た人たちが互いに接点を
持っていって、それが別々の結末を向かえるっていうのが、作品のテーマとして
合っていたよね。」

マクノスケ
「ハリソンの相棒役のイスラム系の人!途中で妹を殺したのかと思ってドキドキしたよ」

マクタロウ
「俺はさすがにそれはないと思ったけど、韓国系のコンビニで撃たれちゃうん
じゃないかと思ってドキドキした」

マクノスケ
「それぞれのキャラクターの関わりが結構絶妙だったよね」

マクタロウ
「レイ・リオッタの奥さんが実はアシュレイ・ジャドだったりと考えた展開だったね」

マクノスケ
「9.11のテロの犯人を手段は否定するけど、もっと人間扱いするべきだと
高校のレポートで公表した少女が強制送還されることになるところが、
厳しいところを描くなあと思った」

マクタロウ
「監督自身が移民って言うのもあるけど、自分の国の間違っている部分を結構
エンターテイメントに乗せて描く部分がアメリカ系の映画の懐の深いところだと思うね」

マクノスケ
「音楽はマーク・アイシャム。ギターとピアノを使った哀愁のあるメロディが、
メキシコの風景と合っていて良かったね。今回は単館系の公開ということで、
静岡まで行ったけど、全国公開されても良い作品だったんじゃないかなあ。
ハリソン・フォードももっとこの手の作品にもどんどん出て活躍して欲しいな」

関連記事
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

タ  グ : 映画  映画館で観た映画  

アバター 3D字幕版 | Home | 折り紙ブロック・寅

コメント

不法移民問題を扱った作品は、観終わってから考え込まされてしまいますね。
去年観た『扉をたたく人』もそうでした。
こういう作品がもっと多くの映画館で観られるようにしてほしいです。

>対談形式
仲の良さがわかる~(^^)。
以前の、おふたりの感想の違いがわかりやすい形式もよかったし、
今回の対談形式もとても読みやすくて、
どっちがどっちって言えないですね。
対談形式で、じっくり長ーいのが一番読みたいです!

2010/01/10 (Sun) 07:30 | ジャムリ #W8J0ugUE | URL | 編集
お返事ー!

>ジャムリさん
こういう社会派のドラマってだんだん少なくなっているので、
ハリソン・フォードなどが出ることによって集客力アップに繋がる…
はずが、日本での公開が単館なのがなんとも残念な話です。
それにしても他民族国家のアメリカの現状を
いろいろと考えさせられる作品でした。
感想の対談方式ですが、マクタロウの感想を書く手間をはぶくために
会話をメモ(&記憶)してやってみようかと言うことになりました。
いつまで続くかわかりませんが、しばらく試してみるつもりです。
もしかしたらだんだん長くなっていくかもしれません。(^▽^)b

2010/01/10 (Sun) 22:20 | マクノスケ #GWMyNl/. | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント