映画館で「エリジウム」

20130922-02.jpg

本当は「ウルヴァリン:SAMURAI」を見に行くつもりだったんですが、
ネットの予約で確認したところ、良い席が埋まっていたので、急遽「エリジウム」
に変更。予告を観てどんな展開をみせるか楽しみにしてたんですが…

予告のシーンだけしかなかったって感じ?
直球勝負で捻りとかオチとかなくて物足りない分、
VFXやメカのデザインで楽しませて戴きましたってところでしょうか?

なんかねえ。冒頭の少年時代のシーンで今後の展開がどうなるかを
振り過ぎだったんじゃないでしょうかねえ。
いや、それよりも…
そうだなあ。マット・デイモンとヒロインの関係も薄すぎるっちゅーか。
あれだと最後のマックスの行為もいまひとつ盛り上がって来ないしねえ。
いや、マット・デイモンは熱演してたとは思うんですが、シャルート・コプリー
演じる傭兵クルーガーの狂犬のような獰猛さの前にイマイチ目立たず。
フィクトナーさん(プチファン)演じるカーライルの悪役度が高いのは
良かったんですが、マックス(マット・デイモン)の親友フリオ役の
ディエゴ・ルナがタイプで良かったのに、
その割りに出番が少なくてちょっと残念でした。
女防衛長官デラコートのジョディ・フォスターもねえ。
熱弁振るってた割りにはキャラ立ってなかったかなあ。
あ!あと「スタトレ」(XI)でUSSケルヴィンのロバウ艦長を演じた
ファラン・タヒールもも出てたんですが、
そ、それってどうなっとるねん!って感じでしたかねえ。

まあ、アルマーニの衣装とかシド・ミードのスペース・コロニーのデザインとか
ブガッテイの赤いシャトルのデザインとかモダンで魅せられるものはあるんです。
WETAデジタル の特撮もシャトルの浮遊感や背景との溶け込み感、ドロイドの
動き(人間っぽいと思うと時折機械っぽい動きになるところが良い!)
などどれもバッチリ決まってて良いんですけど…
対決シーンの桜の木とかはちょっと微妙。(笑)
私的には「マン・オブ・スティール」よりは面白かったですけれどね。
☆をつけるなら5点満点で星 ico_grade6_2h.gif (2個半)ってところかな。

【解説】「第9地区」のニール・ブロンカンプ監督が「ボーン・アルティメイタム」のマット・デイモンを主演に迎えて放つSFサスペンス・アクション大作。人類がスペース・コロニーに築かれた美しき理想郷“エリジウム”に暮らす少数の富裕層と、荒廃した地上で虐げられる大多数の貧困層に分断された近未来の地球を舞台に、ある目的のためにレジスタンス軍に参加し、強大なエリジウム政府に立ち向かう一人の男の運命を壮大なスケールで描き出す。共演はジョディ・フォスター、シャールト・コプリー。
 2154年。人口増加と環境破壊で荒廃が進む地球。その一方、一握りの富裕層だけは、400キロ上空に浮かぶスペース・コロニー“エリジウム”で何不自由ない暮らしを送っていた。そこには、どんな病気も一瞬で完治する特殊な医療ポッドがあり、美しく健康な人生を謳歌することが出来た。そんなエリジウムを頭上に臨みながら地上で暮らす男マックスは、ロボットの組み立て工場で過酷な労働に従事していた。ある時彼は、工場で事故に遭い、余命5日と宣告されてしまう。生き延びるためにはエリジウムで治療する以外に道はない。そこでマックスはレジスタンス組織と接触し、決死の覚悟でエリジウムへの潜入を図る。ところが、そんな彼の前に、一切の密入国を冷酷非情に取り締まる女防衛長官デラコートが立ちはだかる。<allcinema>



 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

関連記事
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

タグ

    
チャーリー・ハナム祭四夜「フーリガン」 | Home | iPhone5Sシルバー予約してしまいました。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント