レンタルで「ミックマック」

20140121-03.jpg土曜日にレンタルした「ミックマック」を見ました。2010年の9月に公開されたジャン=ピエール・ジュネ監督のフランス映画。ジェネ監督の映画で見ている作品というと「デリカテッセン」やロン・パールマンが出演していた「ロストチルドレン」「エイリアン4」と「ロング・エンゲージメント」の4作で、一番ヒットした「アメリ」を見てないところに私のあまのじゃく度が出ているのかも!(笑)これもこちらでは公開されずソフト化されたら見よう見ようと思っていた作品の1本でした。

地雷を踏んで父を亡くし一家も離散して孤児院に入れられたバジルが孤児院から逃亡してから30年後、ビデオ屋で店員をしていたところ発砲事件に巻き込まれ銃弾が頭に入ったまま退院するハメに。アパートも仕事も追い出されたバジルはゴミの山を組み立てて集団生活しているユニークな”特異な能力を持つ”グループに向かい入れられ、偶然、父を殺した地雷と自分の頭に入ったままの弾を製造した2つの会社が向かい合わせに建っているのを発見し仲間の助けを借りて復讐を開始するのですが…

いや~相変わらずの暖かい黄みが掛かった映像で、どこかユーモラスでロマンチック。主人公が三輪車で列車と併走するシーンとかお洒落でセンスが抜群!
復讐すると言っても、あくまでもいたずらの範疇を出ずに悪を懲らしめるっていう展開が爽快で素晴らしい!それでいて武器商人に対する批判までやっちゃうんだからスゴイ。それも全然説教臭くならないできちんと問題提起はしてるって案外出来そうで出来ないンじゃないかと。
出てくる”特異な能力を持つ”人達も「チビで力持ち」や「人間大砲」に「ゴム女」と言った妙な才能で、それぞれの能力を最大限に生かした作戦が実に痛快でした。
昔の映画のオマージュもあったり、主人公がパニックになると頭の弾に負担が掛からないようにか「シマウマは白に黒なのか黒に白なのか?」とか言ったくだらない問題を自問自答して気を反らすシーンが多数あり、あまりのくだらなさに大爆笑。その部分のアニメ表現も実に巧みで面白かったです!常連のドミニク・ピノンのとぼけた演技も光ってました!"ミックマック"はミック=陰謀、いたずら、マック=たくさんで「たくさんの陰謀」という意味だそうです。

 今日のメモ 
・朝起きたら右股関節が痛かったのですが、午後になったら
 だいぶ楽になって来ました。寝違えたのかなあ?
・昨日から入浴剤「エモリカ」を使い始めました。まだ効果はわからないかな。
・先日から使い始めたこのテンプレートですが、画像拡大するとサイドバーの文字
 や画像に拡大した画像が隠れてしまいどうしたもんかと悩んでいました。
 昨日テンプレート作者の方にコメントして伺ったところ、対処方を教えて下さり、
 画像が隠れないで正常に表示出来るようになりました。
 迅速な対応をして下さった作者の方に感謝です!

 今日の更新 
マクタロウとふたりで運営する「のほほん本舗」トップページ:今日の空
「日刊のほほん本舗」今日の空の全景写真のブログ

   記事を読んで下さったみなさまへ
   コメント面倒という方は拍手ボタンを押してやって下さい。
   開いた画面はそのまま閉じて貰って構いません。


関連記事
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: DVDで見た映画 | ジャンル: 映画

タグ

    
レンタルで「ビトレイヤー」 | Home | レンタルで「僕が星になるまえに」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント