ブラックリストS3 #12

blacklist-s3.jpg

第12話「フェーメ団」
The Vehm (No. 132) / [ シーズン通算 #56]

15世紀のドイツに存在した私的制裁を行う集団“フェーメ”の復活を
意図した一団によるものと思われる殺人事件が発生し、
チームは捜査を開始する。
今回の集団は、小児性愛者を標的にしていた。
一方リズは、トムとの将来について重大な決断を迫られる。

ゲスト:アンソニー・キャリガン「GOTHAM/ゴッサム」、
ケヴィン・ワイズマン「エイリアス」
脚本:ヴィンセント・エンジェル 
監督:マイケル・W・ワトキンス 
音楽:"Hold On" by Kirsten Proffit / "No Comprende" by Low / "Everybody Loves a Clown" by Gary Lewis & The Playboys / "Michael Row the Boat Ashore" by The Blacklist Cast( スーパードラマTV より引用)


4/12に録画した字幕版を本日(4/19)見ました。
地震があったり体調が悪かったりと見るのが遅れ…
気がついたら本放映当日。このまま行ったら、つまずいて見なくなっちゃうかも…
と思い焦ってみたんですが、10日見てないと、ストーリーを忘れてて(笑)
そうか!リズのヤツ妊娠してたんだっけ!
当然トムには伏せるよなーと思っていたら…
自分で書いたメモを見られて気がつかれてる…ってどんだけー!!(笑)
まあ当然ながら、レッドは許さないわで物語は進行。

レッドは、仲間の資金洗浄業者を殺した、小児性愛者を襲い拷問して
殺しているフェーメ団を、FBIに追わせながら、前回リズを襲った男を銃殺し…
裏でフェーメ団を操っていた枢機卿が、小児性愛者と偽って、
自分の敵対する資金洗浄業者を殺させていたと言う真実を教団に明かし、
殺させちゃうってところが、いつもらしくて良かったけど、
ここのところのスリリングな展開からすると、ちょっとかったるかったかなあ。
まあ、レスラーとナヴァービの関係は終わり、アラムとナヴァービの間にあった
誤解も解け、新たな展開に…ってところは、微笑ましかったけど~!!
アラム、本当に可愛いキャラでブラックリストの良心でホント和むわー♡

まあ、最後にレッドもリズの母親を引き合いに出して子供が生まれた時の
喜びみたいなのを語って、ちょっとは理解があるところを見せたけど…
トムとの関係はあくまでも反対ってのは、トムもあー見えて結構悪だからねえ。
親心としては認めたくないよねえ。
この先のスピンオフのことを考えると…
子供は生まれるけど、トムはスピンオフに出るために退場。
子供はどこかに預けられて、リズはFBIで活躍…って事になるのかなあ?

そうそう。リズのアパートの向かいの部屋の子持ちママ、
せっかく仲良くなれたかと思ったら…
例のレッドの仲間のバズさんがリズ監視のために引っ越して来てたよ。
レッドから退去金、たくさん貰ったのかなあ?
いや~しかし、レッドがいるから私に危険が及ぶのよ!
って、リズの気持ちすごーくわかるけど、結社に身元だけちゃったり、
もうここまで来たら、普通には暮らしていけないってことを、
そろそろ自覚しないとダメだよねえ。

関連記事
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 海外ドラマ(欧米) | ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ

    
マクタロウの誕生日&リヴリー雪購入から10年だった! | Home | マクタロウ誕生日イブにうな重!

コメント

コメントの投稿


非公開コメント