ドクター・フー シーズン4 第4話「侵略前夜」第5話「死に覆われた星」

20160616-05.jpg

ドクター・フー: 侵略前夜
シーズン 4:第4話(44:33) 番組通算192
放送日: 04/26/2008

世界中に輸出される大気省略装置“アトモス”。ある日、このアトモスを搭載した車が誤作動し、世界中で52人が同じ日、同じ時間に死亡するという事件が発生。ドクターはUNITのマーサに呼び戻され、事件の解明に当たることに。しかし、事件の裏にはドクターの仇敵エイリアン“ソンターラン”が関与しており、彼らはある邪悪な計画を企んでいたのだった…。

こんなにも早くマーサが再登場。
マーサはUNIT…という軍の軍医になっていて、
アトモス搭載の車の死亡事故についてドクターに事件の解明を頼むんですが、
マーサには婚約者もいてドナとは揉めずに良い関係になれてひと安心。
でもマーサが自分の体験からドクターといっしょにいると楽しいけれど彼は炎。
近づきすぎるとやけどする。…と言う助言も。意味深だわ-。
UNITという軍やソンターランという宇宙人が登場するんですが…
覚えてなかったんですけど、9thドクターからこれまでにも出てたんでしたっけ?
ソンターランをなんとなく見たことがあるような気がするのは、
おもちゃのカタログとかで見てたのかなあ?
ドナも実家に寄っておじいちゃんやお母さんに改めてドクターを紹介する
くだりもあり、今回は秘密じゃないのね~と。
4億台の車から発生した毒ガスに危機一髪の地球。
マーサのクローンとかどうなっちゃうの~と思ったら前後編でしたー。
尚前後編合わせて監督をしているダグラス・マッキヤノンさんは
「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」の監督さんでした。

ドクター・フー: 死に覆われた星
シーズン 4:第5話(44:42)
放送日: 05/03/2008

ソンターランたちは邪悪な計画を実行に移した。“アトモス”に仕掛けた毒ガスが、地球上の人類たちに襲い掛かる。さらに地上へとやって来たソンターランたちはUNITの銃火器を使えなくしてしまい、犠牲者が続出してしまう。地球を滅亡に導くソンターランと地球の全面戦争が近づくなか、ドクターは地球とマーサ、そしてドナを救うために立ち上がるのだった…。

まだ始まって5話だというのに何このスケールのデカさ!
いやー力入ってますね。
結局アトモスを発明したルークはソンターランに利用されちゃったのね。
クローンである彼らの生まれやすい環境があの毒ガスの環境だったのか。
マーサのクローンがマーサ自身の苦悩をわかって悲しむシーンにポロリ。
そして自分の犯した過ちに決着をつけるルークの行動に泣きました。
ドナもああ見えて行動力のある女性で頼もしかったです。
ところでUNITのメイス大佐と最後にチューするプライス大尉が
なんだかチャーミングな人だなあと思って調べたら…
な、な、なんと…
映画「ヘルボーイ」でドイツの女性将校イルザ を演じた
ブリジェット・ホドソンでビックリ。
これを最後に現在は活動してないみたいで…残念です。

次回は、突然のターディスの暴走によりいっしょに行くことになってしまった
マーサと3人でドクターの娘に会うようなので楽しみです。
( この娘役の女優さん、この共演がきっかけでテナントくんと結婚したんだよね!)
 

 今日の調子

朝から蒸し暑いかなーと思ったら、足元は涼しくて
窓を空けると寒いけど、閉めると暑かったりで、困ってます。
体調はちょっと指が痛かったりですかねえ。
少しずつですがキングの「ローズ・マダー」(上)読んでます。

 今日の更新

  のほほん本舗   今朝の空、マクタロウのお弁当、スターウォーズ日めくりの画像を追加
  日刊のほほん本舗   今朝の空、お弁当、スター・ウォーズ日めくりのまとめブログ

関連記事
web拍手 by FC2 ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチっとして下さると励みになります。


テーマ: 海外ドラマ(欧米) | ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ

      
ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」の動画 | Home | ドクター・フー シーズン4 第3話「囚われの歌」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント